サッカーでは、個人技の際立った選手はやはり目立つのですよね。そんな選手に誰もが憧れを持つものです。こういうテクニックを身に付けるには、どんな練習が必要でしょう。子どもたちのなかにも、リフティング練習(最初はできなくても、次第にできるようになっていくものです)などを重ねている子も多いと思います?個人技練習としてリフティングが行われるのは、自在にボール(野球やテニス、ゴルフ、卓球など、スポーツによっては、個人練習の時でもたくさんの?があった方がいいこともあります)を操る能力を養うためとされています。リフティングでは、身体のあらゆる部分でボールの中心を捉えなければならないでしょう。その為に、上達するにつれてボールの中心を肌で覚えるようになり、自然とボールコントロールが上達するのだとか。実際の試合中の個人技では、リフティングを行うチャンスなどないのです。個人技が際立つと言えば、一般的にはドリブルやフェイントテクニック(方法や技術といった意味で使われている言葉ですね)のことを指しています。これらのボール(自分専用のものを持つことで、練習に対するモチベーションも上がるでしょう)操縦テクニックを覚えるのにも、リフティング練習は効果的といえるでしょう。しかし、実際の試合中ではテクニック(単に知っているだけではできないことも多く、練習や熟練などが必要になるでしょう)にプラスして状況判断力と瞬発力が要求されます。瞬発力を付けるには、何よりも体力的な基礎訓練(スパルタ式ということも珍しくないでしょう。時には、それに耐えられなくて途中でリタイアしてしまうことも・・・)が大切になります。中でも、下半身の筋力強化が必要不可欠なのです。つまり、個人技の上達において基礎体力訓練(警察官や消防署員など、特別な職業に就くために受けることも少なくありません)は絶対に外せないと言う事になります。特にお子様達は、目先の技術だけに目が眩んで基礎体力訓練(スパルタ式ということも珍しくないでしょう。時には、それに耐えられなくて途中でリタイアしてしまうことも・・・)を疎かにしたり嫌う傾向がありますが、基礎体力なくして個人技上達はありません。そして、状況判断力に関しては、試合形式の実践練習(最後はどれだけやったかが自身に繋がるのだとか)で身につけるのが一番でしょうー